No.1 テイデ山

私のこだわりのここから見るスペインの風景トップは、テイデ山麓の標高2356メートルにあるパラドールから見るテイデ山景色です。
カナリア諸島のテネリフェ島にあるテイデ山、2007年にはユネスコの世界遺産に登録されました。
海抜の標高は3718メートルで富士山よりも高いです。
テイデ山麓の標高2356メートルにあるパラドールから見る景色がトップ1です。
目の前に広がるテイデ山はじつに豪快です。
そして、このパラドールに1泊されることをぜひお勧めします。きれいで澄み切ったテイデ山に加え、今までに見たことのない数、ものすごい数の星が見れます。
また、その標高2356メートル地点の道端からはロープウェーが出ており、頂上近くの3555メートルまで行くことができます。
ここからの景色も最高です。

 Parador de las Cañadas del Teide
住所: Las Cañadas del Teide
38300 La Orotava Santa Cruz de Tenerife
: +34 922 386 415, +34 922 382 352
: canadas@parador.es

パラドールからロープウェイまで 歩くと30分くらい、ロープウェイは10分ぐらいで、そこから頂上まで歩いて1時間ぐらいですがこの区間は前もって許可が必要(この区間は登山スタイル義務)、ほとんどの部屋からテイデ山が見れます。
ロープウェイ
 Top に戻る

No.2 セゴビア アルカサル

私のこだわりのここから見るスペイン風景トップ2は、Carretera de Arevalo と Cuesta de Los Hoyos の交差するところにある公園から見るセゴビアのアルカサルの眺めです。

スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州のセゴビアにあるアルカサルは、「セゴビア旧市街と水道橋」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)として1985年に登録されています。

セゴビアは標高1000mを超える石炭質の岩盤の上に建設されたセルティベロス時代からの古い歴史を持つ都市。そこにあるお城は12世紀に建設とされており、その美しさと軍事的にも強固なつくりであるところからスペインを統一、アメリカ大陸を発見したコロンブスを援助したイサベル・カトリカ女王(イサベル一世)に気に入られ、居城として使われたことでも知られています。

トリップアドバイザーの「死ぬまでに行きたい世界の名城25選」にも選ばれています。街の中からお城を訪問、お城の中の見学もできます。でも、このアルカサルはCarretera de Arevalo と Cuesta de Los Hoyos の交差するところにある公園からの眺めが最高です。

観光インフォメーション
 Alcázar de Segovia
 Turismo de Segovia

水道橋
        セゴビア水道橋
コチニージョ
    セゴビア名物料理 コチニージョ
 Top に戻る

No.3 トレド

私のこだわりのここから見るスペイン風景トップ3は、PARADOR DE TOLEDOのパラドールのテラスから見るトレド旧市街の展望です。

トレドは、マドリードから71㎞、車で1時間の距離,スペインのほぼ中央にある古都で、カスティージャ・ラ・マンチャ自治州、トレド県の県都です。1986年に旧市街全体が世界遺産登録されています。

先史時代から存在する、三方をタホ川に囲まれた岩山に築かれたこの要塞都市は、イスラム、ユダヤ、キリスト教徒の文化が交錯した1561年まではスペインの首都でした。日本の古都奈良と姉妹都市です。

トレドでは旧市街を見れる家をシガラル(CIGARRAL)といい、トレド市民はシガラルに家を持てるのが夢だそうです。その中でもシガラルの一番は、なんといっても PARADOR DE TOLEDO。このパラドールのテラスから見る景色が最高です。

トレドの旧市街の全景が川を挟んでいるのに、歩いていけるような錯覚に陥る不思議なテラスです。
昼食をしてゆっくりとトレドの全貌をお楽しみください

観光インフォメーション
 Parador de Toledo
住所: Cerro del Emperador, s/n
45002 Toledo Toledo
: +34 925 221 850
: toledo@parador.es

 Turismo de Toledo

カフェテリア
       パラドール カフェテリア
新ビサグラ門
    新ビサグラ門
 Top に戻る

No.4 コンスエグラ

私のこだわりのここから見るスペインのトップ4は、コンスエグラ城の上から見る 風車群と広大なく広がるラマンチャの景色です。

コンスエグラ(Consuegra)はマドリードから南へ130Km、車で1時間30分のところにあるラ・マンチャ地方、人口1万人ほどの小さな村。小説 ドンキホーテの舞台としても知られています。街の南側には小高い丘(Cerro Calderico)があり、そこに16世紀の風車とお城があります。4枚羽根を持つ風車群は実際に16世紀の頃のまま今でも保存されています。

コンスエグラ城は10世紀中頃に建設され、その後13世紀になって聖ヨハネ騎士団によって増改築されました。かって3つあった建物部分の1つが残っており、その一部の内部も公開されています.

丘の北側に広がるコンスエグラの街は、紀元前6世紀にすでにイベリア人が住んでいたことが証明されている古代からの街。街の中に入ると、今はスペインの田舎の村を感じることができます。

ここのコンスエグラ城から見る風車群。そして、街との標高差100メートルほどの高低差ながら、周囲にさえぎるもののない360度、晴れているときは45㎞先まで展望できる何もない雄大なラマンチャの大地がトップ4です。

夕暮れ時、ラ・マンチャの空に広がる雲と空が赤く染められるなか、黒いシルエットを見せる風車群とコンスエラ城も見逃せない景色の一つです。

2008年7月には皇太子がコンスエグラの風車を訪問されています

観光インフォメーション
 コンスエグラ観光局
住所: Avenida Castilla la Mancha
45700 Consuegra Toledo
: +34 925 47 57 31
: ofturismo@aytoconsuegra.es

風車内入場料:1.5ユーロ (9:00~19:00)

風車
       カルデリコの丘の風車

城から見る風車群
    城から見る風車群
観光列車
  旧市街の建造物から風車を巡る観光列車
 Top に戻る

No.5 サン・セバスティアン

私のスペイン風景ベスト5は、ホテル Mercure Monte Igueldoのテラスから見る サン・セバスティアン市街地とラ・コンチャ湾のパノラマビューです。

ホテルは決して豪華ではない4つ星クラスですが、ここから見るパノラマは最高です。

サン・セバスティアンはスペイン北東部、フランス国境まで25km,マドリードから450kmにあるバスク自治州北部、ギプスコア県の県都。現地バスク語ではドノスティアと呼ばれている。北側がビスケー湾に面し、半円形,貝殻の形をしたコンチャ湾がある。

フランスの王族貴族が夏の間をビアリッツで過ごすように、スペイン王室は夏の離宮として、ミラマール宮殿やアジェテ宮殿などの邸宅を建てた。
スペインの貴族や外交使節などもこれに従ってサン・セバスティアンに移転した過去があり、高級リゾート都市として発展している。
夏季には長さ1,350mの砂浜が多くの海水浴客で埋め尽くされる。

この国境付近では1940年のヒトラーとフランコ総統の会談、1808年のナポレオンとスペイン国王カルロス4世の会談など歴史上注目すべきできごとが起きています

サン・セバスティアンはグルメの街として知られ、中世の趣を残す旧市街でのピンチョス(タパス料理)発祥の地でのバールめぐりがお薦め。旧市街の小道にはバゲットの上に様々な具を乗せたピンチョスをカウンターにずらりと並べたバールがひしめいています。さらにミシェランの3つ星レストランがなんと3軒もあります。他にも2つ星が1軒、1つ星は5軒あります。

観光インフォメーション
 Mercure Monte Igueldo
住所: Paseo del Faro 134
20008 San Sebastián
: +34 943 21 02 11
: monteigueldo@monteigueldo.com

三つ星レストラン
 Restaurante Martin Berasategui
   住所: ALoidi Kalea, 4
     20160 Lasarte-Oria (Gipuzkoa)
   : +34 943 36 64 71
   : info@martinberasategui.com

 Restaurante Alzak
   住所: Avda. Alcalde Jose Elosegui, 273
     20015 San Sebastián
   : +34 943 27 84 65
   : informacion@arzak.es

 Restaurante Akelarre
   住所: Paseo Padre Orcolaga, 56
     20008 San Sebastián
   : +34 943 31 12 09
   : restaurante@akelarre.net

部屋からのコンチャ湾
          コンチャ湾

           ピンチョス
 Top に戻る

No.6 アビラ

こだわりのここから見るスペインの風景トップ6は、Cuatro Postesから見るアビラの城壁のパノラマです。

アビラはマドリードから110km 車で1時間にある中世の城壁(周囲2516m,砲台57)が完璧の形で残っている町です。

Cuatro Postesから見るアビラの城壁が6番目の私のスペイン風景です。

アビラは紀元前6世紀ごろには歴史に出てきており、ローマ帝国の植民都市アベラが 町の起源であり、「アビラ旧市街と市壁外の教会群」として、1985年に世界遺産に登録されました。

アビラ城内のビセンテ広場から観光列車(写真)でも徒歩でも Cuatro Postesまで行けます。。

城壁は紀元前に初期のものが作られていましたが,現在のようになったのは12世紀になってからです。東側の守りを強化するためにカテドラルが要塞の一部として建設され,88の塔と9つの門がある現在の形になりました.街を囲むこの城壁はその上を徒歩で一周できます。

観光インフォメーション
城壁散策
4月1日~10月31日:10:00-20:00
11月1日~3月31日:10:00-18:00
: +34 920 350 000

観光案内所
住所:Avda. de Madrid, 39  05001 Ávila (Ávila)
: +34 920 354 000

ビセンテ広場からの観光列車
     ビセンテ広場からの観光列車

アビラの城壁
         アビラの城壁
 Top に戻る

No.7 アルハンブラ

こだわりのここから見るスペインの風景トップ7は、アルバイシンにある、サン・ニコラス展望台からみるアルハンブラ宮殿のパノラマです。

アルハンブラ宮殿はスペイン南部のグラナダにあるイスラム建築最高峰、水の宮殿とも呼ばれ、スペインでも最もよく知られている世界遺産のイスラム宮殿です。

アルバイシンにある、サン・ニコラス展望台からみるアルハンブラ宮殿は私が選んだベスト7のスペインの風景です。グラナダ市内でもっとも古い地区とされ、もともとはイスラーム教徒のための居住区で、白壁を特徴としているアルバイシンは世界遺産に登録されています。
サン・クリストバル展望台からもアルハンブラ宮殿は見れますが、サン・ニコラス展望台からの方が見ごたえがあります。

アルハンブラ宮殿は7世紀にスペインに侵攻したイスラム教徒が、グラナダの丘に要塞アルカサーバを建てていました.10世紀頃には城塞となり、丘の赤い土を使ったレンガで作られたことから「カルアト・アルハムラー」(赤い城)と呼ばれ、それがなまってアルハンブラとなりました。スペイン語では「アルアンブラ」と呼ばれます。

13世紀、イベリア半島最後のイスラム王国であり、グラナダを首都としたナスル朝(1238年 - 1492年)の時代に入って城塞は拡張されました。ナスル朝の黄金時代を築いたユースフ1世とその息子のムハンマド5世の時代に王宮や塔が建設され、宮殿として大きな変貌をとげました。

展望台近くにアルハンブラ宮殿が見れるレストランが2-3あります。
そのうちの一つ、レストラン サン・ニコラスをご紹介しておきます。

観光インフォメーション
Restaurante San Nicolás
Plaza de San Nicolás 3, Albaicín - Granada
: +34 958 272 852
: info@restaurantesannicolas.com

      レストラン内からの眺め

  観光案内所
住所:Calle Real de la Alhambra s/n
18009 Granada (Andalucía)
: +34 958 027 971


     レストラン サン・ニコラス


   オンライン前売り予約チケット発券機
ここに予約時に使用されたクレジットカードを
挿入してチケットを受け取れます
 Top に戻る

No.8 タラゴナ

こだわりのここから見るスペイン風景トップ8はタラゴナの古代ローマ時代の塔のプレトリオ(PRETORIO)屋上から見る世界遺産の古代ローマの遺跡と中世迷い込んだような街並みが残る360度パンラマ景色です。

バルセロナから西に約80Km、高速新幹線AVEで30分ほどで行けるところにある都市がタラゴナ(Tarragona)です。地中海に面した港湾都市で、古代ローマ時代にはイベリア半島最大の都市となりました。そのため、今でもレス・ファレーラス水道橋や円形競技場など多くのローマ時代の遺跡が残り、2000年にタッラコの考古遺跡群としてユネスコの世界遺産に登録されています。

ローマ帝国の時代にはタッラコ(タラコ、Tarraco)と呼ばれ栄えていましたが、8世紀始めにウマイヤ朝に征服され、町が破壊されたため、カタルーニャ地方の中心はバルセロナに移りました。

プレトリオの塔は、長さ325m、幅115mあり3万人の観客が収容できたローマ時代の馬車競技場とレイ広場をつなぐ地下通路への階段が設置されていた塔です.

* レス・ファレーラス水道橋(Aqüeducte de les Ferreres) - 市街から4kmにあるローマ時代の水道橋。
* タラゴナ大聖堂(Catedral de Tarragona) - 12世紀に建設が始まった大聖堂。ロマネスクからバロックへの様式変遷を見せている。

観光インフォメーション
プレトリオ
タラゴナ歴史博物館(MHT)
: +34 977 22 17 36
: mht@tarragona.cat
入場料:3.30 ユーロ

  観光案内所
住所:Calle Major, 37
: +34 977 25 07 95
: turisme@tarragona.cat


         タラゴナ大聖堂

 Top に戻る

No.9 バルセロナ

こだわりのここから見るスペインの風景トップ9は、バルセロナ、モンジュイックのモンジュイック城から見るバルセロナ全体を見渡せるパノラマです。

173mの高さがあるモンジュイック城から、港、旧市街、碁盤の目のような新市街、ガウディのサグラダファミリアなどが見渡せ、地中海のパノラマも眺めることができます。

モンジュイック城は360度の視野がえられることから守りのための要塞として、最初1640年に作られ、18世紀に入って現在の建物になり、1900年代に入ってからは監獄として利用されていました。現在はバルセロナ市の所有となり、市民の憩いの場所となっています。

バルセロナはスペイン北東部にあり、周辺都市を含めると420万人を超えるスペイン第2の都市。その起源は、紀元前20年ごろローマ人がやってきて植民都市パルキノを建設したことからはじまっています。ローマ帝国のあと415年西ゴート王国、711年イスラム勢力のウマイヤ朝、801年にはフランク王国、11世紀にはカタルーニャ君主国となりました。12世紀にアラゴン連合王国、15世紀にはカスティーリャ王国で統一王朝となりスペインの一部となりました。

独自の文化を持ち続けてきたカタルーニャ州の中心都市、バルセロナはサグラダファミリア聖堂に代表される世界遺産でもあるガウディの作品をはじめとした数々のモデルニスム建築、十数世紀の間人々が踏みしめてきた石畳の小路、変わらぬ佇まいを残す旧市街、ピカソやミロなどの作品を集めた数十もある点在する美術館、博物館、教会、大聖堂と見所が満載。さらにはサッカー界で世界トップクラスの実力を有するFCバルセロナのホームタウンでもあります。

観光インフォメーション
モンジュイック城
Castell de Montjuïc
: +34 932 564 440
: castell@bcn.cat
入場料:5.00 ユーロ
  観光案内所
Fax:932 853 831
: +34 932 853 834
: info@barcelonaturisme.com




             サグラダファミリア完成予想動画
 Top に戻る

No.10 クエンカ

こだわりのここから見るスペインの風景トップ10は、パラドール・デ・クエンカから見るクエンカの旧市街の風景とウエカル川に架かるサン・パブロ鉄橋のパノラマです。

クエンカ(Cuenca)はマドリードから170Kmの距離にあり、カスティーリャ ラ・ マンチャ州クエンカ県の県都、スペイン中央部の都市です。マドリードからは、高速列車を利用して1時間ほどで行けるので、日帰りで行くことができます。

クエンカは美しい古都で、「歴史的城塞都市クエンカ」としてユネスコの世界遺産に登録されています。ウエカル川の断崖の上に建てられている「宙吊りの家」(casascolgadas)は特に有名です。

サン・パブロ橋は最初、1503年に石橋で作られました。現在の橋は1902年に鉄と木で作られたもの.この橋から見上げる「宙吊りの家」は必見。深い峡谷をまたぐ橋の地上高さもかなりあり、高所恐怖症の人は怖いぐらいです。しかし,その高さがあるおかげで橋からクエンカの街を一望することができます。自然と人工物のユニークな組み合わせ、ウエカル川とフカール川の2つの川による峡谷のパノラマは素晴らしいです。

パラドールの建物は16世紀に建てられたゴシック様式のサン・パブロ修道院が改装されたもの。パラドールからは、そのすぐ下のウエカル川の峡谷、対岸に建つ家々と旧市街を一望できます。

観光インフォメーション
パラドール・デ・クエンカ
Parador de Cuenca
Subida a San Pablo, s/n 16001 Cuenca
: +34 969 23 23 20
: cuenca@parador.es

  観光案内所
Plaza Mayor, 1
: +34 969 24 10 51
: info@barcelonaturisme.com



          宙吊りの家
 Top に戻る